売買参考統計値が公表される銘柄の場合

 

 

公社債とは、一般の投資家から資金を調達するために国や地方の公共団体、および事業会社などが発行する有価証券を指すわけなのですが、そのなかでも利付公社債とは、利札が券面に付いている公社債券でこの利払いは一定の期日にその利札を切り取ることによって行われるものであります。そして、この利付公社債を評価していく場合において、その利付公社債の条件によって評価の計算方法が変化していきます。その分け方は、上場されている利付公社債なのかどうかということと、もう一つは売買参考統計値が公表される銘柄なのかということであります。

 

後者の方の場合その評価計算の方法なのですが、その評価額(市場価額を基としたもの)は(平均値+源泉所得税控除後の既経過利息の額)×券面額÷100円ということになります。なお、この計算式の中の(平均値)および(源泉所得税控除後の既に経過している利息額)、券面額100円当たりの金額であります。そしてこの公社債でありますが、これを保有している期間におきましては、定期的に利息を受取ることができることや、この公社債の償還日におきましては額面の金額が払い戻されるということで、リスクという点におきましても株式より低いことなどから、投資信託における運用の為の信託商品としてもよく扱われております。