上場している場合

 

 

公社債は、国や地方公共団体や事業会社が資金を一般の投資家達から調達するために発行している有価証券のことであり、そこに利払い用の利札が付いているのが利付公社債ということになるわけでありますが、その評価に関しましては、まず、上場している利付公社債の評価額(市場価格を基としたもの)は、(最終価格+源泉所得税相当額控除後の既経過後の既経過利息の額)×券面額÷100円
ということになります。

 

ただし、この最終価格や源泉所得税相当額控除後の既経過の利息の額はあ、券面額100円当たりの金額となっております。また、売買参考統計値が公表される銘柄の場合、この評価額(市場価格を基にしたもの)は(平均値+源泉所得税相当額控除後の既経の過利息の額)×券面額÷100円となり、また、その他の利付公社債の場合には、評価額(市場価格を基にしたもの)は(発行価額+源泉所得税控除後の既経過の利息の額)×券面額÷100円ということになります。そしてこの公社債は株式と比較するならば、利息支払いによって収益につなげることができるのが特徴ということになります。ただし、株式のように所有する数量によって経営に参加ということはできませんので、このことはよく理解しておく必要があります。